FX相談室

FX相談室


FX相談室

FX相談室

決して見逃すことの出来ないFX(外国為替証拠金取引)情報をご案内しています。
是非《FX相談室》をお気に入り登録しておくと便利です。「貯蓄から投資へ」という言葉が近年流行しましたが、まさにその通りなのではないでしょうか?
FXも投資の一つであり、貯蓄をしてお金を眠らせておくよりも遥かに賢い選択となることでしょう。

FXには投資金額と、どこまでの損失を出したら損切りをするなどといったことを予め設定し自動取引をしてくれるツールがあります。
このツールさえあればネットで状況を確認する必要が無いので、忙しい現代人でもFXを始めることが出来るのです。FXの取引をするためにはFX口座を開設する必要がありますが、どこを選んでも良いというワケではありません。
詐欺的な行為をしている悪徳業者も存在していますので、比較サイトや口コミサイトなどを参考にするようにしましょう。



FX相談室ブログ:06月16日
きのう、久しぶりに箪笥の上に置いてある
父親の写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
あたくしは手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真の父親は笑っている。

若いころのあたくしは、
父親とは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。
でも、今は笑っている父親の顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
父親の顔が見えなくなった。
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

あたくしにはお母さんにもお兄ちゃんにも言っていない、
父親からの手紙がある。
家を離れて仕事のためパキスタンに行っていた一年の間に
父親が書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。
無性に父親の字が見たくなった。
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、あたくしは字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれた父親からの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

お母さんのこと、孫のこと、
お兄ちゃんのこと、お兄ちゃんの嫁のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「からだに気をつけるように」と結んである。

嫌いな父親からの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

あたくしにとって父親とは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
父親が亡くなってからのことだった。
FX相談室

FX相談室

★メニュー

【FX情報】FXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』
【FX情報】絶好のタイミングで投資できる資金を残しておく
【FX情報】統計上景気が良くなると通貨は上昇
【FX情報】円高は不況につながりやすい
【FX情報】資本は十分か?株主は大丈夫か?
【FX情報】相場というのはこの4つしか存在しない
【FX情報】転換点を判断するのに有効なMACD
【FX情報】分別保管と言われているもの
【FX情報】ンフレ傾向のときには金利は上がる
【FX情報】プロの世界で活躍している人達でも難しい


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)FX相談室