【FX情報】統計上景気が良くなると通貨は上昇

これまでに何回もFXの取引をしている方もぜひもう一度復習をしておくようにしましょう。
どんなことでも基礎となることは必要不可欠なのです。

 

統計上景気が良くなるとその国の通貨は上昇すると言われているのです。
日本の景気に変化が無いとしまして、アメリカの景気が上昇し、そしてアメリカの金利商品の金利が上昇することこととなります。
アメリカの金利商品の需要が増大し、日本の金利商品を持っている人はアメリカの金利商品に投資を始めることとなるでしょう。
このようにFXというのは、世界各国の経済の動きをしっかりと知っておく必要があるのです。

 

日本円を売ってアメリカドルを買うこととなると、円安ドル高となります。
景気が良くなりますと、通貨が上昇する基本的な理由というのはつまりここにあるというワケです。 株式投資とは異なり、FXというのは少ない資金で始めることが出来るので初心者でも安心です。
ただしどんな投資にもリスクというものはありますので、リスク管理をしっかりと把握した上で上手に取引をしていきましょう。



【FX情報】統計上景気が良くなると通貨は上昇ブログ:06月14日

ダイエットに成功したら、
やっぱり身体のラインはスッキリ見せたいですよね。
そういう意味では、体重や体脂肪率よりも
サイズが重要だと思うんですよね!

だたら、あたくしはダイエット中、
身体のサイズを測るべきだと思うんです!

測るところは…
「バスト」「ウエスト」「ヒップ」
「もも」「こむら」の5ヶ所。

できれば、ダイエット中は
1週間に1回のペースで測るようにしましょう。
そして、きちんと記録を取っておきましょう。

ダイエット中にサイズを測る意味として重要なのは、
体重が減る時期とサイズが減る時期は同時ではなく、
交互に来るということなんです。

つまり、体重が減らない!とイライラする、
いわゆる「停滞期」は、
実は、サイズがキュッと締まってくるタイミングと同じ。

体重がたとえ減っていなくても、
サイズが減っていれば、
ダイエットはうまくいっているという証拠なのです。

なので、自分が「やせた!」と思う時期と、
人から「やせたね!」と言われる時期は、
タイミングがズレるんですね。

自分がダイエットに成功したと思うのは、体重が減ったときですが、
このときはサイズはまだあまり変わらないので、
見た目にはダイエットがうまくいったように見えません。

逆に、体重が減らなくてちょっと落ち込む時期には、
サイズが減るので、見た目にスッキリとした印象を周りに与えるのです。

でも、最終的に体重がどんなに落ちても、
見た目にあまり変化がないようなダイエットだったら、
あまり意味がないですよね。
素敵な洋服だって、キレイに着こなせません。

たとえ体重はまったく変わってなくても、
腹周りが2cm減ったら、見た目の印象はかなり変わりますよね!

みなさん!ダイエットを成功させて
ナイスバディを手に入れましょう!