FX相談室

FX相談室

決して見逃すことの出来ないFX(外国為替証拠金取引)情報をご案内しています。
是非《FX相談室》をお気に入り登録しておくと便利です。「貯蓄から投資へ」という言葉が近年流行しましたが、まさにその通りなのではないでしょうか?
FXも投資の一つであり、貯蓄をしてお金を眠らせておくよりも遥かに賢い選択となることでしょう。

 

FXには投資金額と、どこまでの損失を出したら損切りをするなどといったことを予め設定し自動取引をしてくれるツールがあります。
このツールさえあればネットで状況を確認する必要が無いので、忙しい現代人でもFXを始めることが出来るのです。FXの取引をするためにはFX口座を開設する必要がありますが、どこを選んでも良いというワケではありません。
詐欺的な行為をしている悪徳業者も存在していますので、比較サイトや口コミサイトなどを参考にするようにしましょう。




FX相談室ブログ:04月22日
減量中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
9時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
22時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が体に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
体に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
体のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

22時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
9時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

9時は一日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
一日の後半のご飯になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
体に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
体に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

応援クリックしてね・・・プチ

FX相談室 モバイルはこちら